フルーツバスケット

フルーツバスケット

フルーツの利用の仕方

フルーツと言われて最初に思いつく食べ方は、洗ってそのまま食べたり皮を剥いて食べたりすることが一般的ですがそれ以外にもお菓子に使ったり料理に使ったりして食べることもできます。 お菓子に使うときはケーキなどにトッピングして利用することも多いですが、それではそのまま食べることと変わりません。
アップルパイなどリンゴを煮たコンポートを利用することで、ひと手間加え食感を変え口当たりを変えたりします。 またフルーツをペースト状にして生地に加えることにより生地に風味を加えたり、ソースやクリームに加えソースやクリームに味や風味の変化を加えることができます。
料理に使用する時によく耳にするのが酢豚にパイナップルを入れるというものですが、これはパイナップルに含まれる酵素がタンパク質を分解することにより肉を柔らかくします。 しかし酵素はタンパク質であるため熱を加えると作用しなくなりパイナップルを加える場合は、火を加える前に肉と合わせておくと効率良く肉を柔らかくしてくれます。
このようにフルーツはそのまま食べる以外にも手を加えることにより風味を加えたり、他の食材と混ぜることにより酵素の作用などで柔らかくするなど様々な活用法があります。

フルーツは食べるタイミングが大切です!

フルーツは、消化にエネルギーや酵素を必要としないばかりでなく栄養はすぐに吸収されてエネルギー源となり空腹時に食べると、約15分から30分と非常に消化吸収が良い食べ物なので、朝食として単品で食べるのが一番効率が良くお勧めなのですが、食べるタイミングを間違うと身体に悪影響を及ぼすおそれもあるので注意しなくてはいけません。 特に気を付けなくてはいけないのがデザートとして食後にフルーツを食べる事です。
なぜなら、一般的な食事を摂ると2時間から4時間ほど消化に時間がかかるので、その間にフルーツを食べてしまうと果物に含まれる酵素の働きにより、炭水化物やタンパク質の腐敗や発酵が始まって発生する毒性のある物質を分解する為に肝臓に負担がかかるばかりでなく、胃酸を中和して消化力を弱めてしまい消化不良をおこし、消化しきれなかった食べ物が腸内で悪玉菌の餌となり腸内環境を悪化させて胃痛や胸やけなど様々な症状を引き起こしてしまいますし、更に最終的には肝臓や皮下脂肪に蓄積されてしまうからです。
ですから、フルーツを食べるならお腹に何も入っていない状態が望ましく、理想は朝の空腹時が一番のタイミングだという事を覚えておいてください。

Valuable information

お客様のお好みのメニューを9つのハウスクリーニングメニューから自由にチョイス!

ハウスクリーニング 東京

トレーニングベルトやホエイプロテイン、BCAAの激安販売 マッスルプロダクション

トレーニングベルト

ボリューム満点!美味い!

ケータリング 東京

青の洞窟でのシュノーケリングツアーならお任せ下さい。

石垣島で体験ダイビングを楽しむ

チーク無垢材の家具や、リゾートホテルでも使用されているハイクオリティなガーデン家具などをバリ島の工房に直接オーダーし直輸入しています。

大阪のオーダー家具なら

カルティエの強化買取を行っており、高額での買い取りが可能です

カルティエ 買取

アロマ・タイ古式の出張マッサージなら【東京CREA】新宿・品川ほか東京23区内外対応

東京の出張マッサージなら

最終更新日:2016/8/25